横浜市の公共投資額はどこへ、個人投資家なら株主優待

個人や法人単位で投資を行う際には、株式や債券、不動産、預金などで資産を増やそうとします。これらの商品は金融に関係するものですので、主にお金を増やすことを前提に行っているものです。
一方で、国や横浜市などの地方自治体が関係する、公共投資額に注目が集まることがよくあります。ニュースなどで公共事業に対する予算の情報が流れ、無駄遣いだと批判されることがありますが、公共投資額は国民の生活を豊かにするには、とても重要な位置を占めています。
公共投資額が多くなると、民間で利益が得られにくい事業を行うことができたり、その地に住む人の生活の安全が向上、便利になるというメリットがあります。
道路やダムなどは公共事業に該当しますが、これらは民間が依頼することは少なく、基本的に横浜市などの地方自治体が発注します。その後、建設会社などが依頼された道路やダムなどを完成させ、自動車や歩行に便利な道路ができたり、水害を回避しやすくなるダムを横浜市民などが享受できるようになります。公共投資額は、税収が多い横浜市などの地方自治体ほど、多くなる傾向にあります。
投資は人の生活に潤いを与えるものとして理解しながら行うと、より楽しくなります。個人が金融商品を利用して投資をするなら、株主優待を狙うのがおすすめです。株主優待はその銘柄に対し、一定以上の株式を保有すると、ものやサービスを受け取れるというものです。食品系の銘柄ならば、スーパーの割引チケットや米や肉などの食品を、株主優待でもらえる場合があります。
株主優待は、株を発行している全ての会社が設けてるわけではないことを、事前に知っておきましょう。株主優待の内容については、証券会社で簡単に確認できます。