法事 ご仏前。 「御霊前」と「御仏前」の違いは何? どう使い分ければいいの?

法事を欠席するときはどうする?香典やお詫びの手紙など知っておきたいマナーをご紹介!

その際、基本的には 「御仏前」の表書きのお香典を用いるのが一般的ですが、宗 教や地域によって不祝儀袋にも違いがありますので下記をご参考に! 供物料の不祝儀袋の種類や表書きは? 仏式では、葬式、法要ともに、 水引は結びきり、 色は関東では黒白、関西では黄白、または双銀、のしなしの不祝儀袋を用います。 4人以上の連名の場合 故人が勤めていた職場の部署の同僚など複数人が連名で香典を手渡す場合もあります。 お返しでよく選ばれる物としては、タオルや洗剤、石鹸などの日用品や乾物や海苔、お茶などの日持ちのする物が多いでしょう。 単に会食をするから、その実費を払うということではなく、供養のための供物や供花の代わりに現金を供えるという位置づけなのです。 黒い墨の中でも、 薄墨を使います。 「一」「二」のような漢数字ではなく、 大字(だいじ)と呼ばれる改ざんを防ぐために法的な文書で使うことが定められた漢字を使用します。

Next

「御霊前」と「御仏前」金額と相場の違いを知っておこう

(しかし関西でも、お葬式や初盆は黒白を使う) 表書きは「御仏前」「御供物料」とします。 金額の相場は5千円~1万円程度。 しかし、これはあくまで一般的な額ですので、一参考にする程度でお願いいたします。 折り目のつけ方については、角の部分や真ん中を折って広げるという方法で良い。 表書き 普段、筆や筆ペンに慣れている方は、表書きが何も書かれていない無地の香典袋を購入しておけば、宗教や宗派、法事のタイミングに合わせて自筆で香典袋を準備することができます。 一般的に「御仏前」は四十九日後に使われる言葉ですが、浄土真宗、日蓮正宗では「往生即成仏」との考えから「御霊前」という言葉は使いません。 ただ、人数分という考えは抜きにして、供養の気持ちとして御仏前の金額を2万円にするのも悪いことではありません。

Next

法事は手ぶらでいいの? 香典? 志? 金額相場

地域によっては、中袋があることで不幸が重なることを連想されるからと、中袋が無いところもあります。 夫婦参加と妻のみ参加で包む金額が変わる地域かどうか…が分かれば、 判断しやすいと思います。 宗教によって異なる香典袋 自分が信仰する宗教で使用する香典袋については知っていても、その他の宗教で使用する香典袋については知らない方もいます。 まとめ 香典袋を準備するにあたり、慌てることの無いように「香典」「ご仏前」「ご霊前」のそれぞれの意味と用途を正しく理解しておきましょう。 「4」と「9」は使うのは避けるようにしましょう。 ただし、例外として 四つ折りというやり方だけは避けるべきとされています。

Next

法事は手ぶらでいいの? 香典? 志? 金額相場

連名で香典を包む場合は、金額に端数が出ないようにしましょう。 ただし、それぞれの宗派の考え方や地域の慣わしなど、これとは例外となる場合もありますので、 事前にお寺に確認しておくことをおすすめします。 また、他の漢数字については以下のような書き方をします(四や九は縁起の悪い数字のため不使用)。 まず最初に、そもそも法事は、施主だけが行うものではなく、親族みんなで行うものです。 例えば、結婚式の披露宴に招待されたときって、食事のこともあり、人数によって金額を考えますよね。 新札しか持ち合わせがないときには軽く折り目をつけてから香典袋にいれます。 しかし、葬儀に出席せず通夜のみにご焼香に伺い香典を持参するという場合には、喪服を着用する場合が多いようです。

Next

「御霊前」と「御仏前」の違いは何? どう使い分ければいいの?

お経をあげてもらい、お参りをしたら法要は終了です。 年忌法要とは、命日から一年目、三年目、七年目、十三年目、十七年目、二十三年目、二十七年目、三十三年目、五十年目と節目の年に行われる法要です。 供養は33回忌で完成する 最近では省略することも多々あるのですが、法事は本来は次のように行われます。 なお、今回の内容は以下のポイントに沿って進めていきます。 ) また、神道の場合の香典(玉串料、榊料、御神前など)を包む際にも用いられることがあります。 また、通夜や告別式から香典袋の表書きに「ご仏前」を使用できるのは、仏教の中でも浄土真宗などの真宗の方の法事の場合のみです。 このため、金額の多い少ないよりも、むしろお札の種類がどちらかに統一されているかの方が大切といえるでしょう。

Next

「御霊前」と「御仏前」金額と相場の違いを知っておこう

もし、法事の場で新札しか持ち合わせていない場合は、折り目をつけるという方法が効果的である。 のし袋の下段には会葬者のフルネームを書きます。 。 たとえば、5千円持っていって、6千円の会食と返礼品もらって帰ったらおかしいでしょ。 地域によってはお布施や戒名料を包む際にも用いられることがあります。 地域によって「不幸が重ならないように」という意味を込めて、敢えて中袋を使わないこともあります。 香典だと血縁の近さや親しさで金額は違ってきますが、 法事であれば、息子 娘 夫婦でも孫でもご仏前の金額は同じでいいと思います。

Next