家紋 丸 に 抱き 茗荷。 家紋の一覧

家紋

総陰丸に橘(そうかげまるにたちばな -• 紀州鍬形(きしゅうくわがた)• お電話でのお問合せは下記の時間帯にお願いします。 十六裏菊(じゅうろくうらぎく)- -•。 勧修寺笹(かじゅうじささ)-• 組み合い角に桔梗(くみあいかくにききょう)・組み合わせ枡に桔梗(くみあわせますにききょう)-• 片手下り藤(かたてさがりふじ)• 六つ丁子(むつちょうじ)• 大一大万大吉(だいいちだいまんだいきち)- 山内首藤氏 - 五味氏 -• 九枚笹(くまいざさ)• 一つ束熨斗(ひとつたばねのし)• 「赤鳥」とはのを落とす道具、もしくは、馬用の櫛のこと。 乱れ桐(みだれぎり)• 釣り鐘 (つりがね)・半鐘(はんしょう)-• 菊菱(きくびし)• 三つ追い柊(みつおいひいらぎ)• 享年・76歳。 装飾藤(そうしょくふじ)• 三つ橘(みつたちばな)-• 秀吉が亡くなったあとの豊臣家では、石田三成派と徳川家康派で家臣たちの対立が起きるようになったので、吉晴は家康を選んだという事でしょう。

Next

丸に抱き茗荷 金色額入り家紋【丸に抱き茗荷】 額入りの家紋 高級感と重厚感があります 【丸に抱き茗荷】 :kamonplate25

デザインも、よく見ると茗荷の葉がしっかりとあしらわれているのがわかります。 菊座橘(きくざたちばな• 十六鬼菊(じゅうろくおにぎく)• 鷲尾向かい鷲(わしおむかいわし)-• 相良六瓜(さがらろっか) -• 菱に抱き茗荷(菱紋)• 桐車(きりぐるま)• 違い菱に六つ星(ちがいびしにむつぼし)• 八つ丁子(やっつちょうじ)• 小菅打板(こすがちょうばん)-• 二つ引・揃い二つ引(ふたつびき・そろいふたつびき)-• 三つ盛り茗荷• 丸に木瓜・丸に横木瓜(まるにもっこう・まるによこもっこう)-• 丸に真田銭(まるにさなだぜに)- 家• 一つ丁子(ひとつちょうじ)• 内藤藤(ないとうふじ)-• 太田桔梗・丸に細桔梗(おおたききょう・まるにほそききょう)- 菊(きく) [ ] 詳細は「」を参照• 変わり三つ茗荷崩し• 丸に左三階松(まるにひだりさんがいまつ)-• 中山杜若(なかやまかきつばた)- 梶(かじ) [ ]• 菊浮線綾(きくふせんりょう)• 立ち葵(たちあおい)-• 地紙(じがみ)• 鉄線・鉄仙()-• スポンサードリンク. 伊藤藤(いとうふじ)-• 右三階松(みぎさんがいまつ)• 隅切り角に抱き茗荷• (まるにみつかしわ)- -• 丸に三つ橘(まるにみつたちばな• 見事に敵を討ち、功績を認められて「黒石城」というところを任されました。 丸に大の字(まるにだいのじ)- 下村氏• 丸に結び雁金(まるにむすびかりがね)- 鳩(はと) [ ]• 海老(えび)• 丸に変り三階菱(まるにかわりさんがいびし)• 丸に地抜き長の字鶴(まるにじぬきながのじづる)• 左二つ巴(ひだりふたつどもえ)- (神紋)• 丸に抱き茗荷紋を使っていたのとで知られる著名人と言えば、まず喜多川歌麿。 ご注文(お問い合わせ)後、当店よりメールが届かない場合は、お手数ですが まで、 ご利用可能なメールアドレスよりご連絡くださいませ。 陰蔦(かげつた)• 三つ雁金(みつかりがね)- - 柴田氏• 茗荷(みょうが)の音が神仏の加護を意味する「冥加」にも通じており、ご加護を享けられ縁起が良い紋として各地の神社仏閣でも採用されました。 違い杵(ちがいきね)• 三つ柏に六の剣• 渡辺扇(わたなべおうぎ)- 檜扇(ひおうぎ) [ ] 詳細は「」を参照• 本多束ね葵(ほんだたばねあおい)- 麻(あさ) [ ]• 高木鷹の羽(たかぎたかのは)-• 九曜巴・板倉巴(くようともえ・いたくらともえ)- - - 鱗(うろこ) [ ] 詳細は「」を参照 のひとつ• 池田三つ竜胆(いけだみつりんどう)- 池田氏• 八重桜(やえざくら)• 井上鷹の羽(いのうえたかのは)-• 松葉加茂葵(まつばかもあおい)• お急ぎの方はお早めのご注文をお願い致します。 挟、鋏(はさみ)• 牧野富太郎が見つけた新種の植物は600種以上に上ると言われ、日本の植物界に多大な影響を残しました。

Next

家紋 蒔絵シール 家紋ステッカー 「 丸に抱き茗荷 」 金 30mm :KAMON

抱き柏(だきかしわ)-• 打板菱(ちょうばんびし)• 芭蕉(ばしょう)• 右荒枝付き三階松(みぎあらえだつきさんがいまつ)• 糸輪に変り胡蝶(いとわにかわりこちょう)• 折敷に縮み三文字(おしきにちぢみさんもじ)• 丸に橘(まるにたちばな)- -• スポンサードリンク 家紋は面白い!抱き茗荷紋以外にもいろいろな家紋を調べてみよう 抱き茗荷紋を使った武将や著名人から祖先のルーツを見ると面白い ここまで「家紋」についてお話してきましたが、調べてみると家紋はとても面白いです。 陰十六菊(かげじゅうろくぎく)• 古木楓丸(こぼくかえでのまる) 柿(かき) [ ]• 亀甲に小の字(きっこうにこのじ)- (替紋)• 四つ錨・四つ碇(よついかり)• 屋島扇・波に日の丸扇(やしまおうぎ・なみにひのまるおうぎ)• 丸に蔓柏(まるにつるかしわ)-• 鳳凰(ほうおう)• 団仙(だんせん) ギャラリー [ ] 植物 [ ]• 萩の丸(はぎのまる)• また馬具の一種である杏葉を図案化した杏葉(ぎょうよう)紋と形がよく似ていることから、杏葉紋から変化したという説もあります。 有馬桐(ありまぎり)-• 茗荷紋が多くのひとに好かれたのは、その昔、ミョーガが冥加に通じ、神仏の加護を受けることに通じると思われたからだという。 増山雁金(ますやまかりがね)-• 八つ菊(やつきく)• 三つ葉竜胆(みつばりんどう)• 丸に並び柊(まるにならびひいらぎ)• 作家の向田邦子さんも丸に抱き茗荷紋。 瓢箪(ひょうたん)• 水色桔梗(みずいろききょう)-• 真田六連銭・真田銭(さなだろくれんせん・さなだぜに)-• 松蓋菱(まつかさびし)- 細川氏 茗荷(みょうが) [ ] 笹竜胆• 金輪(かなわ)• 厳しい戦国時代の中で、優しい吉晴は武将たちの気持ちを癒していたのかもしれません。 丸に違い柏(まるにちがいかしわ)- 、大倉氏• ・尚、お客様のご都合による返品・交換は、 送料・手数料ともにお客様ご負担でお願い致します。 三つ組橘(みつくみたちばな)-• 琴柱(ことじ)• 丸に龍剣に一文字(まるにりゅうけんにいちもんじ) その他 [ ]• 久世橘(くせたちばな)• 指定できる時間帯は[午前中][14:00-16:00][16:00-18:00][18:00-20:00][19:00-21:00]です。

Next

茗荷紋

毘沙門亀甲(びしゃもんきっこう)• 捻じ桔梗(ねじききょう)• 石竹胡蝶(せきちくこちょう) 鷹・鷹の羽(たか・たかのは) [ ] 詳細は「」を参照 のひとつ• 反り扇(そりおうぎ)• 兎(うさぎ)• 大久保藤(おおくぼふじ)• 裏波銭(うらなみせん)• 州浜 (すはま)- -• 結び柏(むすびかしわ)• 糸巻(いとまき)• 秋田牡丹(あきたぼたん)• 熊谷牡丹 -• 菱の葉(のは)-• 百足(むかで)• 亀甲に抱き茗荷(亀甲紋)• 陰抱き茗荷• 餅(もち)• 三つ竹輪違い(みつたけわちがい)• 丸にいの字(まるにいのじ)- (歌舞伎)• 向かい嘴合い雁金 - 白鳥氏• 一つ茗荷丸• 江戸桜(えどざくら)• 十六剣菊(じゅうろくけんぎく)• 大割り牡丹(おおわりぼたん)• 島津牡丹(しまづぼたん)-• 細桔梗(ほそききょう)-• 松平因州蝶(まつだいらいんしゅうちょう)-• 茗荷紋と類似する杏葉紋(抱き花杏葉) ショウガ科のであるミョウガの花を図案化したもので、馬具の一種である杏葉を図案化した杏葉紋(ぎょうようもん)の形とよく似ており、また杏葉紋から変化したとも言われている。 お客さまからのお問い合わせ時など、当店からメールにて返信させてい ただく場合、メールエラーで戻ってきてしまう(送信できない)場合がございます。 松葉(まつば)• 本多立ち葵(ほんだたちあおい)-• 佐竹桐(さたけぎり)-• 光琳桐(こうりんぎり)• 江戸撫子(えどなでしこ) 柊(ひいらぎ) [ ]• 丸に五三桐(まるにごさんのきり)-• 右一つ巴(みぎひとつどもえ)• 鈴(すず)• 三つ葉柊(みつはひいらぎ)• 網・ 網目(あみ・あみめ)• 笏(しゃく)• 三つ茗荷• 鹿角(かづの)---- 文様 [ ] 巴(ともえ) [ ] 右二つ巴• 落ち牡丹(おちぼたん)• 久世鷹の羽(くぜたかのは)-• ちなみに、局長の近藤勇は「丸に三つ引き」「下り藤」などいくつかの家紋を持っており、副長の土方歳三は「左三つ巴」が家紋になります。 貼り付けかんたん、他に類を見ない質感と輝き、抜群の耐久性と粘着力! スマホカバーや剣道の胴に貼り付けるのに調度いいサイズ! 茗荷は、物忘れの妙薬といわれる。 三つ足烏()-• このような感じで入ってます。 大吉大一大万(だいきちだいいちだいまん)- 石田氏• 七つ丁子(ななつちょうじ)• 三本杉(さんぼんすぎ)• 花橘(はなたちばな• そこで、秀吉は信長の死を隠しながら毛利家に交渉。

Next

【楽天市場】家紋ステッカー 260 丸に抱き茗荷 13cmサイズ:ファンタジー工芸 楽天市場店

また、茗荷の音が「冥加」に通じることから、神仏の加護が得られる縁起の良い紋として、神社や寺などで用いられることが多い。 三つ茗荷崩し• 左一つ巴(ひだりひとつどもえ)• 丸に違い鷹の羽(まるにちがいたかのは)- - - - -• 陰楓(かげかえで)• 井桁に抱き茗荷(井桁紋)• 雨竜の丸(うりゅうのまる)• このお城の主は、「織田信安」という人物です。 折敷に二文字(おしきににもじ)- 打板・提盤(ちょうばん) [ ]• 笹竜胆(ささりんどう)- - - 岩倉家• 団扇打板・団仙打板(うちわちょうばん・だんせんちょうばん) 州浜・洲浜(すはま) [ ]• 中川柏(なかがわかしわ)- 中川氏(豊後岡藩主家) 片喰(かたばみ) [ ] 詳細は「」を参照• 重ね三階菱(かさねさんがいびし)- 家• 梛(なぎ)• 大割り抱き茗荷• 当社が責任をもって安全に蓄積・保管し、第三者に譲渡・提供することはございません。 青木() - 系・の 2系統の青木氏。 戦国時代以降は、天台宗の「摩多羅神」の神紋として採用されていました。

Next

家紋 一覧 丸に

裏菊菱(うらきくびし)• 一本杉(いっぽんすぎ)• その時代にできた家臣ですから、秀吉が吉晴を頼りにするのも、信頼することも、当たり前のことだったのでしょう。 八文字(はちもじ)• 稲垣茗荷• 三つ楓• 的(まと)• 南部鶴(なんぶつる)- 南部氏 千鳥(ちどり) [ ]• 二階松(にかいまつ)• 右回り片手藤(みぎまわりかたてふじ)• 八角の中に抱き茗荷 茗荷紋を取り入れた他種の家紋• 冠(かんむり)• 松平大覚頭蝶(まつだいらだいがくのかみちょう)- の定紋• 三連銭(さんれんせん)-• 椿(つばき)• 児文字(じもんじ・こもじ)- -• 丸に陰陽抱き茗荷• 三つ藤巴(ふじどもえ)• 丸に一つ柊(まるにひとつひいらぎ)• 長谷川筍(はせがわたけのこ)-• 内藤藤(ないとうふじ)• メールの返信は翌営業日となりますので、ご了承ください。 清水宗治の首を条件に興和をもちかける しかし、秀吉は毛利家の家臣で備中高松城の城主・清水宗治を水攻めで攻撃していたので、戦を中断するために毛利軍と講和を結ぶ必要がありました。 。 。 。

Next

【楽天市場】家紋ステッカー 260 丸に抱き茗荷 13cmサイズ:ファンタジー工芸 楽天市場店

。 。 。 。 。 。

Next

堀尾吉晴の家紋「抱き茗荷」を解説|秀吉から深く信頼された戦国武将

。 。 。 。 。 。

Next