ハイドン 弦楽四重奏。 モーツァルト 弦楽四重奏曲集 「ハイドン・セット」

【カルテットがおもしろい】弦楽四重奏曲の名曲と名盤をまとめてみた

そうした中でも印象的だったものについて、以下に少しだけ書きま す。 大宮 1981 p. 『』は現存する最初期の曲で、1750年ごろに書かれたと考えられている。 一方で作品20の方は繊細に高域が延びているもののキツ さは全くなく、大変優れたバランスです。 つまり自分のアイディアを自らの 力で語るものほど円熟が必要とされるというわけです。 繊細でやわらかさもあり、ピリオド楽器の理想的な音です。 ミサ曲第13番 変ロ長調『』 Hob. 個人的なことついでに言えば、ハイドンの音楽を最初に 意識したのは神戸の街中の喫 茶店でした。

Next

ハイドン: 弦楽四重奏曲集(第1番/第29番/第66番)

「ハイドンの頭蓋骨には音楽丘の隆起が見られた」などとする論文を発表している。 「故郷オーストリアも、国の士気を高めるために、国歌が必要だ」と…。 優雅というには、少し離れた不器用な響きの中に、ハイドン:弦楽四重奏曲第77番《皇帝》の確かな構築性がわかってくる名盤。 現在のところ、『ヴァイオリン協奏曲第2番 ニ長調(Hob. ハイドン65歳の頃の作品です。 近頃このレーベルを 離れ、さほどメジャーでないところに移籍したことと関係があるのでしょうか。 ほかに分野によっては(Op. 4番(第34番)の第二楽 章など、大きな呼吸があって感情に訴えてきます。 細かい音もよく拾っていま すが、潤いがあってうるさくなりません。

Next

ハイドン:弦楽四重奏曲第77番《皇帝》【3枚の名盤解説と感想】傑作カルテットの素晴らしさ!

ここもやは り途中で転調しますがまた短調に戻り、やがて通奏低音部のようなチェロの持続音の上でヴァイオリンがソ ロで、ヴィヴァルディの協奏曲の 短調 の緩徐楽章のような鮮やかなパッセージを歌い上げて終わります。 [ ] GEFDCという音型ではじまるが、これは、 Gott erhalte Franz den Kaiserの頭文字となっている。 今、 「定額制の音楽聴き放題サービス」が流行っています。 どの曲がどう? さて、全集を手に入れて何度も立ち向かい、ソファで睡魔と格闘したこともある ハイドンの68連発、気に入った曲はメモにいっぱい記号を書き込みました。 これが悩むところです。 そしてこの四重奏団の素晴らしいところは、大変彫りの深い表情を持っているところです。

Next

モーツァルト 弦楽四重奏曲集 「ハイドン・セット」

あまり速いという印象もないのですが。 モザイクが録音してくれなかった作品17があって、大変ありがたいです。 確かにいくつかの楽章は聞いたときに深み を感じさせる点でも作品17を凌駕しているようにも思います。 ミサ曲第10番 ハ長調『』 Hob. 近頃このレーベルを 離れ、さほどメジャーでないところに移籍したことと関係があるのでしょうか。 68曲もあって、でもやっぱり一番好きなのは「ひばり」かもしれません。

Next

ハイドンの弦楽四重奏曲

切々と、あるいは鋭さと迫力をもって、というのとは違いますが、本来の宗教的意図としてはこれこ そがあるべき姿でしょう。 ハイドン:弦楽四重奏曲第77番《皇帝》の数ある演奏の楽しみ方のひとつと言える名盤ですね。 大宮 1981 pp. この曲はそのための音 楽として作られました。 第59番 op. 3 Op. ハイドンの作品には Hob. IV:1~4)』は『ロンドントリオ』の名で親しまれている。 音楽時計 [ ] 音楽時計は既存の作品の編曲のものが多い。

Next

エオリアンQ/ハイドン弦楽四重奏曲全集|HMV&BOOKS onlineニュース

バイノーラル録音をスピーカーで聞いているような感じとでも言ったらよいで しょうか。 注意深く聴けば、意表をつく休止や、相異なる音域の対比など、全曲にわたって知的なたくらみがはりめぐらされているのが分かるだろう。 ハイドンの作品を集めたものは多い。 ローラウにあるハイドンの生家。 第4楽章 Rondo Presto 風の。 冒頭はぼかされ、繋がりは変えられ、全体的に短くなっている。

Next